Boxea/ボクシー(ガルツ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企画、構想、開発そして完成まで5年。ガルツ史上最高のフロートが満を持して登場

レジャーフィッシングナビピックアップアイテムロゴ

ガルツBoxea(ボクシー)

数々のウキを世に送り出してきたウキ作りのスペシャリスト・ガルツの金子孝治さんが今年「自身最高」と送り出した『Boxea』。「これでまた海の状況の10割のいくつかを攻略できるようになりました」。金子さんがこだわり抜いて生み出したこのウキの性能に迫っていこう。

ガルツ金子孝治

金子 孝治(かねこ こうじ)/佐賀県在住。妥協は一切しないウキ作りのスペシャリスト。釣りの腕前もエキスパート級で自身の経験をウキにフィードバックすることも多い

「楽しく」そして「釣れる」ウキを

まず目を引くのは特徴的な形状だ。通常の中通しウキは穴を上下にして浮くのだが、これは穴を左右にして浮く。円錐ウキと横ウキのよさを融合させたガルツラインナップでは初となるモデルだ。金子さんいわく「もっと釣れる、もっと楽しいウキ」をコンセプトにした結果、この形状にたどりついたという。「こんなウキで釣ると楽しいでしょう。でもそれを使うのが難しかったら意味はないですよね。簡単に使えて釣れるウキでないとダメ。だから釣れるウキに必要な潮乗り、遠投性、操作性、糸通り、視認性、感度を開発しながら突き詰めていきました」

開発がスタートした段階で『Boxea』のイメージはすでにあったので、さっそくプロトを制作。ボディが平たいことで潮の変化への反応はよく、穴が横方向のおかげで糸抜けがよいなどほぼ想定したものができたのだが、安定感がまるでなかったという。

「最初の試作品はもっと肉薄でほぼ円盤のような形でした。潮の変化をとてもとらえやすかったのですが、アタリがあって沈んでいくときはヒラを打っていたくらい安定感がない。これは使いものにならないなと。潮の変化に対応しつつも潮筋に乗ったら安定してくれる。そしてアタったときはスーッと入ってくれる 入水性を持つ形状を目指しました」

肉付けしつつも無駄な場所を削りながら形状と自重が定まり、遠投性や操作性は金子さんの基準をクリアするものになったという。視認性はこれまでのノウハウから見えやすいカラーを採用。定番のオレンジと、もう1色は近年需要が伸びている「オールピンク」。

「以前ホワイトカラーのウキ(『D-アクション』)をリリースしたのですが、テストでの視認性はよいものの、市場になかなかないものですか正直チャレンジだったんですよ。でも思った以上に好評でした。よく見えることもあるんですが、おもしろいって思ってもらえたのではないでしょうか。釣りは趣味。遊び心も大切なんだなと。もちろんピンクは視認性がとても高いですよ」と金子さんは笑う。

ガルツボクシー

前面。潮を受け流して流れの中で安定しつつも横からの変化にはすぐに対応する

ガルツボクシー

後ろ面。前面よりも細身になっており、入水時の抵抗を抑えられる

上から見るとシェイプされており、アタリがあったときに潜行しやすい

上から見るとシェイプされており、アタリがあったときに潜行しやすい

ガルツボクシー

下から見た状態。上から見たときとあまり変わりないように見えるが、実際はよりシェイプされていて入水性は抜群

ガルツBoxea(ボクシー)オレンジとピンク

オレンジとオールピンクの2カラー

さらなる改良でついに完成

残るは糸通りとさらに感度をアップさせること。穴径は、入口内径はΦ3㎜、出口内径Φ2・1㎜の2段パイプで抜群の糸通りを実現。感度もウキの水中での基本姿勢を見直しながら改良していった。「仕掛けがなじんだときにサシエ側にウキが少し傾くようなオモリの配置バランスにしました。センターよりも少しだけ前に位置させる。これで角度がピタッと決まり仕掛けの抜けが向上しました。アタったときにウキがさらに傾くので前アタリがとれるようになったんです。これはうれしかったですね」と金子さんが教えてくれた。

アタリでウキがスムーズに入水していくようにそこから形状をさらに改良。オモリのバランスも最適にして現在の形となった。これにはガルツ独自の「ボリュームバランスウエイトシステム」が大きく関係している。ウキの体積、形状、浮力に合わせてオモリの質量と形状を変えてベストバランスで搭載するというもので、非常に手間のかかる工程だが、ガルツのすべてのフカセウキに採用されている。一切の妥協は許さないウキ作りにかける金子さんの職人魂。ウキに刻印されている「MADE IN JAPAN」はその表れなのだ。

幅広いラインナップ展開

◯Boxea/ボクシー

カラー:オレンジ/ピンク
サイズ:S/27mm×35.5mm
    M/32mm×40mm
浮力:000、00、0、G2、B、2B

浮力に合わせてオモリの量と形状をベストバランスで配置する「ボリュームバランスウエイトシステム」搭載。各ウキごとに最適なバランスとなっている。

使い方アドバイス

「このウキはまず0号以上の浮力から使ってほしい」と金子さん。ウキがどう動き、どう仕掛けが抜けていくのかを知ってから、00号などでの沈め釣りなどに移行すると、沈めたときも仕掛けの動きやウキの向きがつかみやすく、釣りがより楽しくなるという。

ガルツボクシー

完成まで5年の歳月をかけたウキが登場

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加