ラインの太さで飛距離は変わるのか?/ジッケンショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛び出せジッケンショー レジャーフィッシングナビ

レジャーフィッシング編集部が釣りの疑問をフィールドで検証

『飛び出せ ジッケンショー!』

今回のテーマは、、、、、

『ラインの太さで飛距離は変わるのか?』

ルアーフィッシングや投げ釣りなどのキャストする釣りにおいて、より遠くに投げれば投げるほど本命と出会える確率はアップします。一般的に太いラインより細いラインのほうがよく飛ぶと言われていますが、それは本当なのでしょうか? もしそうならどのくらい距離が変わるのでしょうか? 

レジャーフィッシングナビ 飛び出せジッケンショー。ラインの太さで飛距離は変わるのか?

編集部のりょーたがジッケンしました

《実験方法》

シーバスタックルを用いて、PEラインの0.8号と1.5号で3投ずつキャストし、その平均値を出して比較しました。

《実験に使用したタックル》

ロッド…シーバスロッド9.8ft

リール…スピニングリール3000番

ライン…同じ銘柄のPEライン0.8号&1.5号

ルアー…12cmのスリム系ミノー(フック非装着)

これをフルキャストして毎回計測

レジャーフィッシングナビ飛び出せジッケンショー

フルキャスト

レジャーフィッシングナビ飛び出せジッケンショー

条件(風)ができるだけ変わらないように毎回ダッシュ

《実験結果》

  飛距離
  0.8号 1.5号
1投目 55m 42m
2投目 55m 40m
3投目 48m 46m
平均 52m 42m

結構、飛距離にバラツキがありますが、そこは大目にみてください。

で、気になる結果はと言うと、

0.8号が平均52m

1.5号が平均42m

なんと10mもの違いが出ました! 

ラインの太さによって飛距離が変わるというのは本当でした。実際の釣り場で10m飛距離が違うと、探れる範囲が大きく変わってくるのではないでしょうか。

でも、むやみやたらにラインを細くするのはおすすめできません。釣り場の状況に自身の腕も加味して、適正なラインの号数をセレクトしたいですね。


この記事はレジャーフィッシング2016年2月号に掲載!

LF表1-4台紙中四国1602.indd

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加