大知昭 シマノ『NEW 鱗海スペシャル』の魅力を語る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『鱗海スペシャルRB』が進化して、2016年春にNEW『鱗海スペシャル』が登場!  操作性に加えて粘りやパワーを向上させたことで、今まで以上にチヌを怒らせずに、容易にやり取りできるようになった。開発に携わった大知昭さん(シマノインストラクター)に、『NEW鱗海スペシャル』の魅力について語ってもらった。

1603昭鱗海SP_41

シマノ鱗海スペシャル

「食わせ力アップ」がコンセプト

新しい『鱗海スペシャル』は「スパイラルX」の搭載によって竿がブレにくく、良型のチヌを軽々と浮かせることができます。

細身で軽量なので持ち重りもなく、少々風が吹いても腕に負担がかかることはありません。穂先から胴にかけてとてもしなやかで、魚を乗せて釣るには最適です。また、しなやかな「タフテックα穂先」と、とことん軽量化された「Xガイド」によって食わせ性能がアップしています。使用するウキは18〜20g前後がオススメです。

ラインナップは0号、06号、1号、1.2号の4モデル。特徴としては、0号、06号は特に軟らかく、初心者でもしっかりと胴に乗せて大きな魚を釣ることができます。ゆっくりとタメながら、より長く魚とのやり取りを楽しんでもらいたいですね。また魚が藻に突っ込んでも操作しやすいので、瀬戸内などの内海では使いやすいですよ。

1号は35㎝ぐらいのチヌなら簡単に浮かせるパワーがあります。沈み瀬があるような場所で強引に魚を浮かせたいときも、有利に釣ることができますね。1・2号は50㎝オーバーのチヌや、80㎝クラスのマダイにも十分に対応できるでしょう。

どのモデルもそれぞれによさがあるので、釣り場やフィールドの状況によって使い分けていただきたいです。全体的に言えることは、

「しっかり投げて、しっかり食わせることができる」

ということです。

NEW鱗海スペシャル スペック

品番 自重(g) 錘負荷(号) 適合ハリス(号) 本体価格(円)
0号 530 145 0.5〜1.5 0.4〜1.5 67,000
06号 530 150 1〜2 0.6〜1.5 68,000
1号 530 155 1〜3 0.8〜2 69,000
1.2号 530 160 1〜3 0.8〜2 70,000

パームフィットシートCI4+

1603昭鱗海SP_08

パイプシートで締まりがよく、リールのブレを抑えることができる。グリップを握ったときのフィット感もGOOD!

スパイラルX

シマノ鱗海スペシャルスパイラルX

竿のブレやネジレを抑制することで、仕掛けをコントロールしやすく、容易に遠投できる

ハイパーノンコンタクトⅡ(#3、#4)

シマノ鱗海スペシャルハイパーノンコンタクト

ブランクスの表面に特殊塗装を施すことで、雨などによるラインのベタつきを防ぐ

Xガイド(#1〜#2玉口まで)

シマノ鱗海スペシャルxガイド

軽くて強く小さい、シマノオリジナルガイド。糸絡みを軽減し、ストレスフリーで仕掛けの投入や回収ができる

『鱗海スペシャルRB』を上回る仕上がり!

シマノ鱗海スペシャル

『NEW鱗海スペシャル』は0号、1号、1.2号の竿曲がりを比較
*約700gのオモリを利用して、竿の曲がり方や浮き上がるポイントを比較

00号

シマノ鱗海スペシャル

1号

1603昭鱗海SP_39

1.2号

シマノ鱗海スペシャル

軟らかい竿ほど曲がり方は鋭角に! パワーがあればあるほど、遠くで浮き上がらせることができるのがわかる。

1603昭鱗海SP_27

竿全体がしなやかに曲がり、良型チヌを軽くいなす!  取材中に予想以上に沖でチヌが浮き上がって大知さんが驚くことも何度あった


この記事は
レジャーフィッシング2016年3月号に掲載されたものを元に作成しました。

レジャーフィッシング3月号

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加