注目アイテム『BB-X DESPINA』 シマノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

closeupアイテム

より強く。より軽く。より美しく

『BB-X DESPINA(デスピナ)』 シマノ

BB-X DESPINAデスピナ

NEW『デスピナ』が待望の登場。全4アイテムすべて精密冷間鍛造テクノロジーによる「HAGANEギア」を搭載し、より強靭な心臓部へと進化した。また「HAGANEボディ」と、磯用レバーブレーキリールでは『BB-Xテクニウム』に続いての搭載となるシマノ独自の防水機構「コアプロテクト」により、回転のクオリティを長期間しっかりと守ってくれる。

そのほかにも「マグナムライトローター」を搭載。これにより回転の初動レスポンスが向上。そしてこれら性能の進化を図りながらもローター部の素材に「CI4+」を採用するなど、前モデルと比較してHGで15g、XGで10gの軽量化を実現した。レバーブレーキも一新。流線型の新形状とすることで操作性を高めるとともにエッジの効いたデザインの「デュアルブレーキレバー」を採用。

上位モデルにラインナップされていたゴリ巻仕様の「TYPE-G」も新たに追加。近距離での大型尾長など手ごわい相手との真っ向勝負が楽しめる。

ここに注目! 田中修司さん

DESPINA デスピナ BB-X 田中修司

シマノ磯インストラクター

マグナムライトローター」搭載で巻き出しのスムーズさも特筆ものですが、ハンドル逆転時の初動の軽さも注目すべき点ですね。これでハンドル逆転時の竿への影響が抑えられているので魚を怒らせにくくなったと感じます。

前モデルより軽量化が図られたので軽さに目がいきますが、ボディ、ギアは「HAGANE」なので耐久力は折り紙付き。ハードなファイトにもしっかりと耐えてくれ、初期回転性能も維持してくれます。ハイエンドモデルではないのにこの高性能はすごいことだと思います。

ギアは3タイプありますが、私のおすすめはXG。刻々と変化する海の状況に対して臨機応変に釣りを展開したいのでハンドル1回転98cmの巻き取りはかなり手返しをよくしてくれます。遠投したときも回収が速いし、耐久力が高いのでパワーファイトもこなせますよ。

マグナムライトローター採用

DESPINA_feature_MGL_11485

マグナムライトローターを採用。回転の初動レスポンスが向上。もちろん逆転時の初動レスポンスも同様に上がった。レバーも一新。新形状のデュアルブレーキレバーを搭載

撥水効果を利用して防水! コアプロテクト

BB-X DESPINA デスピナ

コアプロテクトによる撥水効果により、微細な隙間があっても水の侵入を抑制。回転の初期性能を維持する。

HAGANE(ハガネ)

bb-x despina デスピナ シマノ

『HAGANEボディ』は剛性が高く、たわみ、ゆがみを抑制。ギアの噛み合わせを守りスムーズなリーリングを可能にする

画像 335

HAGANE デスピナ despina

『HAGANEギア』。左はアルミ精密冷間鍛造(HAGANE)で形成されたギアの断面。右は亜鉛鋳造(ダイキャスト)で形成されたギア断面。シマノ比較で大幅な強度アップを達成。この強靭さが回転の初期性能を維持し、幾度のもパワーファイトにも屈しない.

スペック一覧 ’16 BB-X DESPINA

bb-x despina デスピナ シマノ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加