注目アイテム『ソルティメイトPE EGI ULT HS8&HS4』サンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

closeupアイテム

さらなる領域へ・・・HS8

極限の感度・・・HS4

『ソルティメイトPE EGI ULT  HS8&HS4』 サンライン

ソルティメイトPE EGI ULT HS8

ソルティメイトPE EGI ULT

エギングシーンをリードする山田ヒロヒト氏が納得する8ブレイドPEライン『ソルティメイト PE EGI ULT HS8』が完成した。

SSP(スムースサーフェイス加工)により表面がこれまでの8本組とは異なり、モノフィラライクであるためストレスなくラインが放出され、アウトガイドロッド、インナーロッドのどちらでも滑らかなヌケを実感できる。

本来であれば遠くにキャストするほど表面積が大きくなり、より水中の抵抗を受けてラインさばきが悪くなる。そのため、ロッドのシャクリ幅を100%エギに伝えることができなかったが、SSPによって水を切り裂く速度が向上し、伝達力が上がったことでエギのダートがより大胆になる。

また、SSPにより8ブレイドのデメリットである水切れの悪さが解消され、Ultimate PE(ULT PE)の採用により、耐久性が格段に向上している。また、10mごとのカラーローテーションでシンプルで分かりやすいマーキングパターンにより、キャストやドリフトの距離確認が容易にできる。

『ソルティメイト PE EGI ULT HS4』はさらに進化した4ブレイド。耐摩耗性が向上し、ハードジャークやファイト時、ガイドとの摩擦や浮遊物などに接触しても安心してやり取りを楽しむことができる。

もちろん強力も高いので多少無理をしても問題ない。高発色で視認性に優れたカラーマークにより、イカパンチの変化を見逃さずフッキングに持ち込める。

また、10mごとのカラーローテーションで飛距離がよりイージーに把握でき、ティップランでも扱いやすいマーキングパターンとなっている。LSP加工を施したことにより3%という低伸度を実現し、感度や操作精度が大幅に向上。また、SSPによりライン表面に発生してしまう微細な毛羽立ちを抑え、飛距離の向上を実現している。

ここに注目! 山田ヒロヒトさん

山田ヒロヒト ヤマラッピ サンライン

『HS8』、『HS4』の特徴としては、いずれもラインの表面が滑らかで飛距離が出るということ。SSP加工により、トラブルなどが軽減され、これまでとは飛距離が断然違います。これまで8本組を敬遠していたのは、編み方など構造上の問題から繊維の中に水を含んでラインが重くなるというのが理由のひとつとしてありました。これがSSP加工、編み方によって軽減され、水ハケが格段によくなり、現在では『HS8』の0.4号、0.5号を主軸として使用しています。それぞれカラーにもこだわっており、マーキングパターンを変えています。『HS4』はイカメタルなどでも扱いやすくなっています。

山田ヒロヒト/「エギング界のカリスマ」などさまざまな異名を持つエギングのスペシャリスト。エギを潮に乗せて沖を釣るバックドリフト釣法を編み出したことでも知られ、離島への遠征も積極的にこなし数々のモンスターを攻略している。TV、雑誌、DVDなどさまざまなメディアで活躍中。サンライン、ダイワほか多数のメーカーのサポートを受ける。

スペック

『ソルティメイト PE EGI ULT HS8』
カラー/ホワイト・ピンク・ライトグリーン
120m単品/0.6〜1号の4種
180m単品/0.3〜1号の7種
240m単品/0.3〜0.7号の5種

『ソルティメイト PE EGI ULT HS4』
 カラー/ホワイト・ピンク・ライトグリーン
120m単品/0.6〜1号の4種
180m単品/0.3〜1.5号の9種
240m単品/0.3〜0.7号の5種

リーダー『ソルティメイト エギリーダーFC HARD』

リーダー

最も硬く最も耐摩耗性に優れたエギリーダーで、極めて伸びが少なく感度も抜群。引っ張り合いの際、例え擦れても傷がつきにくいのが特徴。地形の変化が複雑な場所を臆することなく攻めることができる。

カラー:ナチュラルクリア/30m単品。号柄:1.5〜4号の8種

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加