注目アイテム『グラファイトリーダー シルベラード』オリムピック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

closeupアイテム

高い操作性と感度をあわせもつチニング専用ロッド

グラファイトリーダー シルベラード』 オリムピック

グラファイトリーダー シルベラード オリムピック

グラファイトリーダー シルベラード 馬上 チヌ クロダイ チニング オリムピック

解説/馬上憲太朗・オリムピックフィールドテスター

今年2月に開催された「フィッシングショーOSAKA2016」で初めてお披露目となった『グラファイトリーダー シルベラード』(以下『シルベラード』。これはオリムピック初のチニング専用ロッドです。

「えっ? オリムピックって『グラファイトリーダー ヌーボティーロ』(以下『ティーロ』って名前のチヌロッドをリリースしていなかったっけ?」

そう思われる方もいるかもしれませんが、『ティーロ』は「ライトショアキャスティングロッド」というカテゴリーに属したもので、チニング専用ロッドではありません。コンセプトが「汎用性の高さ」であり、ルアーの適合ウエイトがチニングに使用するアイテムとマッチしていたので好んで使う方が多いのだと考えています。もちろん私もそのうちの一人で、『ティーロ』のGONTS-792MLのモデルをチニングによく使用していました。

しかし専用ロッドでなければフォローできない場面があります。まず、ボトムにルアーが着いた感触、ルアーを引くことでボトムがどのような地質であるのかを感じ取る「感知能力」。これは『ティーロ』でも不満ないレベルだったのですが、『シルベラード』はボトムゲームが多いチニングに対応させる狙いがあり、地質に対する感度を強化しています。使い比べるとその違いが分かります。

次にチヌのショートバイトに対応するためのロッドアクション。チニングを経験されている方ならお分かりいただけると思いますが、活性が低いときのチヌはショートバイトばかりでフッキングに至らないこともしばしば。これを克服してくれるのがロッドアクションです。『シルベラード』はチヌのショートバイトを弾かないように、荷重がかかるとティップがしっかりと追従して曲がるのでフッキングに持ち込めます。

そしてチヌの抜き上げに必要なバットパワー。瀬戸内エリアの河川でオカッパリゲームをしていると、チヌを抜き上げなければならない状況がよくあります。45㎝級のチヌを抜き上げることができるバットパワーは私にとっての必須項目でした。バットパワーは多軸カーボン布を補強することで解決されました。以上の3点が『シルベラード』の強みです。

『シルベラード』は742-MLと782-Mの2モデルがラインナップされています。私の使い分けとしては、742-MLはトップウォーターゲームや軽量リグを用いたボトムゲームなど、ライトなゲーム展開のとき、782-Mは5〜15g程度のルアーをメインとしたボトムゲームのときに使用しています。2本を使い分けることでより楽しく、より明確なイメージでのゲーム展開ができるでしょう。

グラファイトリーダー シルベラード 馬上 チヌ クロダイ チニング オリムピック

軽量な「トルザイトリングガイド」を採用。ボトムの地質を感知して手元へ伝える高感度。ショートバイトにも追従しやすいティップセクションは専用ならでは

グラファイトリーダー シルベラード 馬上 チヌ クロダイ チニング オリムピック

スピゴットフェルール(印籠継ぎ)を採用。スムーズなベントカーブを描き、ロッドのパワーを最大限に発揮する

スペック一覧

グラファイトリーダー シルベラード 馬上 チヌ クロダイ チニング オリムピック

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加