注目アイテム『がま磯 ファルシオン』がまかつ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

closeupアイテム

軽やかに、強く。新世代 がま磯ロッド登場

がま磯 ファルシオン』 がまかつ

ファルシオン がまかつ

ファルシオン がまかつ

従来であれば、張りのある竿は「先調子」、柔軟性のある竿は「胴調子」に属しているが、今シーズン登場となる『がま磯 ファルシオン』は、がま磯ラインナップの中において「張りがあるにもかかわらず胴調子」というポジションに属している。

これは操作時は張りがあることで軽快な操作が可能で、魚が掛かれば胴調子特有の粘りを発揮することを意味するのだが、この「張り」と「粘り」は磯竿において重量なファクターであるものの、相反するものでもあり、両立させるのは非常に困難とされてきた。

この問題を解決したのが、新素材「T1100Gカーボン」(※1)と新技術「NANOALLOY®(ナノアロイ   )」(※2)と「セパレートグリップ」の同時採用。

「T1100Gカーボン」は磯竿に非常に適した張りがあり、かつ最強クラスの強度を併せ持った新素材。これを「NANOALLOY®(ナノアロイ   )」技術によって肉厚にすることなく軽さを追求しながら粘りと強さ持った竿を実現させた。

「セパレートグリップ」の採用により、元竿までしっかりと曲がり、不意の大型の突進でも受け止め、細ハリスにも対応可能な胴調子に仕上がった。

がま磯ファルシオン_1.25号_5.3m_イメージ_ヒキ

リールシートには、新形状のオリジナルスクリューシートを採用。リールを強固に固定できることはもちろん、握りやすさやグリップ力、レバーブレーキ操作のしやすさに徹底的にこだわり、ストレスフリーの使い心地。

ファルシオン がまかつ

部品を除いたカーボンブランクスの重量はがま磯史上最軽量。加えて、元竿のシートやグリップをしっかりと作り込み、重量を載せることでカウンターバランスが生まれ、先重りすることのない軽快な操作が可能。

振り込みから取り込みまでが新調子・新基軸ロッド。ぜひその手で確かめてほしい。

※1  T1100Gとは、東レ㈱が次世代航空宇宙向けに開発した、世界最高クラスの引張強度を誇る、高強度かつ高弾性化を図った炭素繊維。

※2『NANOALLOY®(ナノアロイ®)』技術とは、複数のポリマーをナノメートルオーダーで微分散させることで、従来材料と比較して飛躍的な特性向上を発現させることができる、東レ社独自の革新的微細構造制御技術。

スペック一覧

名称未設定

ここに注目 猪熊博之さん

ファルシオン がまかつ

猪熊 博之さん(がまかつフィールドテスター)

私はもともと胴にしっかり乗ってくる胴調子の竿が好きなので、テストのときにこの竿で初めて釣りをし、そして魚を掛けたとき、衝撃を受けました。操作時は先調子の軽快さを感じるのに、魚を掛けると心地よく曲がる胴調子。竿としては本来相反するはずの要素を高いレベルで兼ね備えた仕上がりになっています。

これは従来では考えられなかったまったく新しい調子です。

自重も数値の上では「同号数のアテンダーなどに比べてちょっと重い?」と思いましたが、重心のバランスをとってあるため、持ち重りはまったくありませんでした。

またこれまでは1.75号以上のモデルに搭載だったスクリューシートを1号にも搭載。リールとのマッチング、操作時、ファイト時の快適度と安定度も大幅アップされています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加